Top > 健康 > 糖尿病による血管の異変

糖尿病による血管の異変

糖尿病は自覚症状がほとんどないので、

危険性をなかなか実感することができません。

知らない間に血管内で異変が起き、

最も怖いとされる「動脈硬化」へと進行していきます。

ご存知のように血液は血管の中を流れています。

血管は本来、柔軟性があり血管内皮も弾力がある組織です。

しかし、高血圧の状態が続くと、

血管内皮が傷つき、血管の中にかたまりができるようになります。

さらにそのかたまりにコレステロールなどが入ると、

そのかたまりはドンドン大きくなって血液が流れにくくなります。

この糖尿病による血管の異変が全身で進行し、

動脈硬化がどこの血管で起きるのかがわからないのです。

動脈硬化が脳に影響を及ぼした場合

・脳梗塞(のうこうそく)

・脳出血

・くも膜下出血

・無症候性脳梗塞

 

動脈硬化が心臓に影響を及ぼした場合

・心筋梗塞

・狭心症

・心不全

・心肥大

 

動脈硬化が腎臓に影響を及ぼした場合

・慢性腎臓病

・腎硬化症

・腎不全

 

このように糖尿病による動脈硬化が死を招く合併症へとつながり

命に関わる危険が高まるのです。

藤城式糖尿病改善食事法

健康

関連エントリー
糖尿病による血管の異変
カテゴリー
更新履歴
TBCエステティックジェル(2019年1月 9日)
糖尿病による血管の異変(2019年1月 8日)
ぽちゃ婚の口コミ評判(2018年12月23日)
盗まれた顔のネタバレについて(2018年12月13日)
知りたいベラジョンカジノの確定申告(2018年7月17日)