Top > 実は幼少期が発端だった関節痛

実は幼少期が発端だった関節痛

私は、膝と股関節の関節痛に悩まされています。しかし、毎日と言うわけではなく、「悪天候の前の日」か「風邪をひいたり体調がすぐれない日」です。きっと気象に関係しているのでしょうね。片頭痛もあったりします。そして、「股関節の痛み」は結構厄介で、同じ体勢で座り続けたりしているとズキズキ痺れてきますので、あえてストレッチをします。この、股関節の痛みは、原因があります。実は私が産まれる際に、股関節を脱臼した状態で出てきたそうです。母が苦労したと言っていました。そして、すぐに処置をしたようですが、確かにわたしの幼少期の写真は、足にギブスがつけられているなあと思っていました。大人になり、特に左側の股関節が時々まだうずきます。私は、自分自身が子供を出産した経験もあるのですが、陣痛が痛すぎて股関節の痛みのことを、看護師さんに伝えるのを忘れていました。無事出産したあとで、「実は股関節脱臼していたことがあり、足の動かしかたによっては痛みます」と言ってみたところ、「どうして先にそれを言わなかったんですか?」と注意されてしまいました。私なりの改善策として、塗るタイプの湿布薬を塗ってしのいでます。貼るタイプは、肌がかぶれてしまいます。いつまでも健康でいたいものです。

エーザイのナボリンSの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
知りたいベラジョンカジノの確定申告(2018年7月17日)
東京ノーストクリニック広島院に行きたい(2018年7月10日)
ラサーナプレミオール 解約(2018年6月26日)
イクモア 男性(2018年6月22日)
パパ活 東京では(2018年6月13日)